特定保健用食品(トクホ)と機能性表示食品の違いは?

投稿日:

保湿を目的としたセラミドサプリなんかを探していると「特定保健用食品(トクホ)」や「機能性表示食品」と表示されているものがありますよね。でもこの2つの違いって一体何なんでしょうか…?

今回は「特定保健用食品(トクホ)」と「機能性表示食品」の違いをわかりやすく解説します♡

「特定保健用食品(トクホ)」と「機能性表示食品」の違い

 特定保健用食品(トクホ)機能性表示食品
マーク消費者庁許可のマーク消費者庁許可のマークなし
国の審査あり
(消費者庁長官が許可)
なし
(消費者庁に届出)
機能性の評価ヒトでの試験を実施し、科学的に根拠を示す必要があり。ヒトでの試験または文献や論文を引用することによって科学的に根拠を示す必要があり。
責任の所在各事業者

「機能性表示食品」は国の審査が不要で、必要な届出をすることによって表示が可能。事業者が臨床試験を実施する必要はないので費用の面でメリットがありますが、責任は各事業者(販売元)が負うことになります。

一方「特定保健用食品(トクホ)」は国の許可が下りないと表示ができないというのが特徴。国の厳しい認定基準をクリアした食品だけが表示できるということです。

特定保健用食品(トクホ)とは

健康の維持増進に役立つことが科学的根拠に基づいて認められ、「コレステロールの吸収を抑える」などの表示が許可されている食品です。表示されている効果や安全性については国が審査を行い、食品ごとに消費者庁長官が許可しています。
[PDF]「機能性表示食品」って何? - 消費者庁

特定保健用食品(トクホ)とは、食品中に健康に影響を与える成分が含まれていて、その機能性が国によって認められている食品のこと。

表示できる機能性
  • 体に脂肪がつきにくい
  • 血圧高めの方に
  • 血糖値が気になる方へ
  • コレステロールを低下させる
  • 肌が乾燥しがちな方に

機能が臨床試験によって科学的に証明されているので、しっかりと機能を表示することができます。

特定保健用食品(トクホ)にはマークがあるので、マークがあるかないかで判別することができます♡

機能性表示食品とは

事業者の責任において、科学的根拠に基づいた機能性を表示した食品です。販売前に安全性及び機能性の根拠に関する情報などが消費者庁長官へ届け出られたものです。ただし、特定保健用食品とは異なり、消費者庁長官の個別の許可を受けたものではありません。
[PDF]「機能性表示食品」って何? - 消費者庁

機能性表示食品は、特定保健用食品(トクホ)とは違い国の許可ではなく届け出られた食品に表示できます。

特定保健用食品(トクホ)を取得して表示するには科学的根拠を示さなければいけないなど、莫大な費用と時間がかかります。そのため大手メーカー以外での取得・表示が難しいのが現実でした…。

そこで、登場したのがこの「機能性表示食品」です!

消費者がもっと商品の選択肢を増やせるようにと平成27年4月に誕生した比較的新しい制度です。
機能性表示食品では、科学的根拠にもとづいた機能性を事業者の責任において表示することができます。

特定保健用食品(トクホ)と機能性表示食品の違いまとめ

「特定保健用食品(トクホ)」「機能性表示食品」は国の許可か届け出かで表示が変わってきます。
でも一番注意をしてほしいのはたくさん摂取すれば、より多くの効果が期待できるというものではないということ。過剰な摂取は健康に害を及ぼす場合もあります。

食生活の基本はバランスの良い食事!

食事をきちんと食べながら、上手にサプリなどを取り入れていきたいですね♡

あわせて読みたい、管理人の本気の口コミレビュー

[getpost id="18"]

Copyright© 保湿クリームで美肌美人! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.